研究助成NEWS&FAQ

一般社団法人日本物理療法学会研究助成

一般社団法人日本物理療法学会は、物理療法の基礎的な情報と臨床場面における実践的な応用に関する情報の整理を系統的に実施することによって、物理療法の科学的な体系の構築に寄与することを活動の目的としています。本学会の事業には、総会の開催、日本物理療法学会学術大会の開催、学術雑誌「日本物理療法学会会誌」の発行、国際的な関係諸機関との協力活動、国内の関連諸学会との協力活動等があり、これらを通じて物理療法の学術向上、臨床応用の拡大などを図ってきた経緯があります。

平成22年度より、本学会は、物理療法に関する学術研究活動を促進するために、物理療法を科学的に検証し、臨床への示唆を与える独創性豊かな調査・研究について研究助成を行い、わが国の物理療法の発展に寄与することを目的に「一般社団法人日本物理療法学会研究助成」を実施しております。

申請書 (平成30年度の助成を受け付けを開始します。)

 募集要項  PDF
 研究助成申請書(様式1)  WORD
 研究計画書(様式2)  WORD
 COI自己申告書(様式3)  WORD
 
申請先(郵送に限る)

一般社団法人日本物理療法学会研究助成選考委員会事務局
〒238-8522  神奈川県横須賀市平成町1-10-1
神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

平成29年度助成対象テーマ

平成29年度 研究助成該当者
1.研究テーマ:温熱刺激はサルコペニア肥満の新規治療法となり得るか?
2.研究代表者:順天堂大学大学院医学研究科 後藤亜由美

1.研究テーマ:高血糖曝露による筋損傷の治癒遅延に対する超音波療法の治療効果を探る
2.研究代表者:医)清本整形外科クリニック 松本 智博

1.研究テーマ:末梢神経損傷後の筋萎縮に対するHybrid法を用いた萎縮予防効果
        −電気刺激とCPM併用による新規治療パラダイムの検討−
2.研究代表者:新潟医療福祉大学   高橋英明

平成28年度助成対象テーマ

平成28年度 研究助成該当者
1.研究テーマ:二次性サルコペニアに対するレーザー療法の治療効果と作用機序の解明
2.研究代表者:清本整形外科クリニック 上野瑞季

1.研究テーマ:経皮的脊髄直流電流刺激による歩行機能調整
2.研究代表者:名古屋大学大学院医学系研究科 野嶌一平

1.研究テーマ:大腿骨頚部骨折に対する電気刺激療法と課題志向型練習の併用効果
2.研究代表者:西大和リハビリテーション病院 中村潤二

1.研究テーマ:筋萎縮に対するパルス磁気刺激の効果と有効活用法を探る
2.研究代表者:順心会訪問看護ステーション加古川 中西亮介

1.研究テーマ:随意運動介助型電気刺激と歩行神経筋電気刺激による脳活動変化
2.研究代表者:白石共立病院 光武 翼

1.研究テーマ:急性腎障害に対する穏和な全身温熱刺激による腎保護効果−腎虚血再灌流モデルマウスにおける検討−
2.研究代表者:熊本保健科学大学 岩下佳弘

平成27年度助成対象テーマ

平成27年度 研究助成該当者
1.研究テーマ:低反応レベルレーザー照射は拘縮関節の繊維化を抑制できるか?
2.研究代表者:森整形外科 金口 暎典
3.研究助成額:40万円

1.研究テーマ:皮膚繊維芽細胞の遊走を促進させる電気刺激条件の検証
2.研究代表者:神戸大学大学院 植村 弥希子
3.研究助成額:40万円

1.研究テーマ:超音波療法による悪液質性筋萎縮の軽減効果と細胞応答機構の解明
2.研究代表者:なかじま整形外科 平山 祐介
3.研究助成額:40万円

平成26年度助成対象テーマ

平成26年度 研究助成該当者
1.研究テーマ:心不全に伴う骨格筋障害に対する中周波電気刺激の治療効果と機序の解明
2.研究代表者:医)清本整形外科クリニック 田中 雅侑
3.研究助成額:40万円

1.研究テーマ:電気刺激療法における適切な刺激設定の検討
2.研究代表者:新潟医療福祉大学 斉藤 慧
3.研究助成額:30万円

1.研究テーマ:機能的電気刺激ペダリングの経頭蓋直流電気刺激による増強効果
2.研究代表者:河村病院リハビリテーション科 小山 総市郎
3.研究助成額:40万円(条件付き)


 

ナビゲーション